ホーム>投資環境

中国経済の見通し、多くの国際機関が楽観視

上海浦東 2021-10-13

アジア開発銀行(ADB)など多くの国際機関が最近まとめた報告書は、中国経済が2021年も引き続きアジア太平洋地域、ひいては世界をリードするとの見方を示しました。

アジア開発銀行は、その主要経済報告書である「アジア経済見通し2021年版」最新版で、2021年の中国経済に対する前年比8.1%成長の予測を維持しました。経済協力開発機構(OECD)もこのほど公開した最新報告書で、中国経済の伸び率を8.5%とする従来の予測を維持しました。国内の多くの地域で感染症が散発的に発生しており、洪水の影響も加わった上に、さらに比較の対象となる前年同期の数字が2019年の同期に比べて大幅に上昇したことがあり、中国の月次経済指標の伸び幅には変動が出現しました。しかしADBなどの国際機関は従来の予測値を維持しました。これまでに、世界銀行、国際通貨基金(IMF)、国連貿易開発会議(UNCTAD)などの国際機関も次々に、中国経済の発展見通しや、世界経済の回復を後押しする「エンジンの役割」には依然として期待すると表明しました。 

出典:「中国経済の見通し、多くの国際機関が楽観視」(CRI)

0