ホーム>浦東情報

新たな分野を配置、新たな原動力を改善=浦東

上海浦東 2022-07-25

最近、上海は、グリーン・低炭素産業の発展の促進、「メタバース」の新たな産業の育成、スマート端末産業の質の高い発展の促進という3つの行動計画を発表した。グリーン・低炭素、メタバース、スマート端末という3つの新たな分野は、上海の「3+6」新型産業システムの発展方向と成長の原動力となり、上海の産業の発展内包を豊かにし、充実させ、拡大し続ける。

上海市経済情報化委員会主任呉金城氏は以下のように示した。新たな産業の質の高い発展を保障するために、上海は総括計画、資金支援、キャリア配置、人材導入・育成、開放協力などにおいて、一連の政策措置を打ち出す。例えば、Ver.2022産業マップをアップデートして公表し、新たな産業をめぐり、空間の配置を改善し、一部の特色のある産業パークを構築する。規定に従って、人材激励を強化し、国内外の複合型人材やイノベーションチームの導入と養成に力を入れる。100億元規模のメタバース産業基金を設立し、ベンチャー企業の上場をサポートする。国際協力を強化し、国際的影響力をもつ「上海標準」と「上海ブランド」を作り出し、2025年までに、グリーン・低炭素、メタバース、スマート端末産業の総規模が1兆5000億元を突破するために取り組んでいく。

現在、浦東新区は全市で「3+6」新型産業システムを構築し、国際的競争力をもつハイエンド産業クラスターを建設するという戦略的目標に焦点を当て、イノベーションによる駆動、ハイエンドによるけん引、デジタルによるエンパワーメント、グリーン・低炭素、クラスター発展などの要素が備わる現代的で開放的な産業システムを構築することに力を入れている。浦東新区の副区長呉強市は、この次、浦東は産業発展の制度的ボトルネックを打破するために立法の改革を促進し、産業クラスターの競争力を強めるために産業の空間配置を最適化し、産業発展の政策的保障を確実に実施するために産業関係の政策を作成し、以上の三つの面から新たな分野を配置し、新たな原動力を改善すると語った。


0