ホーム>イベント情報

第5回中国国際輸入博覧会「クラウドシリーズ」活動がスタート

上海浦東 2022-10-31

10月24日、第5回中国国際輸入博覧会(CIIE2022、輸入博)のオンライン国家展、「デジタル輸入博」プラットフォーム、革新的インキュベート特別エリアの評価・発表イベントなどの輸入博「クラウドシリーズ」活動の始動式が国家会展センター(上海)で行われ、これは輸入博「クラウドシリーズ」活動が正式にスタートしたことを示している。

进博会云系列.jpg

国家展は輸入博の重要な部分で、ここ五年間、すでに100余りの国と国際機関が国家展に参加した。第5回輸入博国家展は再びオンラインで開催され、10月24日からテスト運営が始まった。第一陣の30カ国が展示され始め、「メタバース」技術で作成した国家展の招待状を社会に届けていく。関係筋によると、今回の輸入博国家展のオンライン展示技術はさらにアップグレードされ、メタバース、デジタルマンなどのより新しく、よりクールな技術が使用されている。各国の展示テーマもより豊かになり、貿易、投資、文化、芸術、観光、美食など十数個のテーマで、それぞれの国の姿を十分に表している。輸入博期間中、国家展は同時に正式に開催することになる。

「デジタル輸入博」プラットフォームは第5回輸入博企業展の技術装備展示エリアに焦点を当て、オフライン展示会と同時に進められ、現在300社以上の出展者がオンライン展示を始めた。そのうち、フォーチュン・グローバル500企業及び業界のトップ企業もあれば、海外の優秀な業界サプライヤー及びスタートアップ企業もある。クラウド展示部分ではデジタル産業自動化、集積回路、エネルギー・低炭素及び環境保護技術など7種類の小カテゴリーの展示品に焦点を当て、VR撮影などデジタル化技術を通してオフラインブースの盛況を展示する。視聴する時、「クラウド打ち合わせルーム」を通して、需要側と供給側がオンライン上で対面して相談することができる。

輸入博企業展革新的インキュベート特別エリアでは、今年評価・発表活動を試験的に展開し、人気賞、市場潜在力賞、優秀組織賞という3つの賞を設け、オンライン投票のルートを開設し、専門家による審査を実施する。革新的インキュベート特別エリアの展示面積は約2000平方メートル、20以上の国や地域からの約150社の科学技術革新企業が同展示イベントに参加し、展示品は工業、農業、医療、自動車、消費財(スポーツ、ファッション)など複数の分野に及んでおり、グローバル科学技術革新協力のために公共のプラットフォームを提供し、科学技術革新企業のためにチャンスの扉を開くこととなる。

0