ホーム>浦東情報

うさぎ年春節祝祭イベントがスタート 春節ムードが漂う上海ディズニーリゾート

上海浦東 2023-01-19

高く掲げられたランタン、新年の雰囲気に満ちたテーマ飾り物、至る所にデコレーションがされている大通り……春節を控え、上海ディズニーリゾートでは1月13日から2月10日まで、うさぎ年の新春祭りが開催され、濃い新年ムードが漂っている。

 浦东 迪士尼.jpg

新春祭りの期間中、上海ディズニーランドは新年の装いに着替え、濃い新春の雰囲気を作る。新春テーマの装飾は中国要素と奇抜なディズニーアイデアを取り入れた。園内の至るところで精巧で縁起がいい兎の姿が見られ、奇妙な「兎探しの旅」に立つようと来園者をさそっているようである。ディズニーの仲間たちも、晴れやかな衣装に衣替えしゲストを迎え、新春の祝福を贈る。うさぎ年の主役となるうさぎ警官「ジュディ」もミッキーアベニューで来園者を待ち、それに「12仲間パーク」にも入る。

新春が近づくにつれ、人気の季節合わせのエンターテイメントショーがミッキーアベニューで再開し、ジュディも同ショーで登場する。

一年の始まりに願いをするのも春節の習慣である。年に1度の伝統的な祝日を祝うため、「12仲間パーク」は再び「ウィッシュガーデン」に変身する。パークはジュディやステラルーが描かれたウサギの形の毎日限定の「ウィッシュカード」を配布し、来園者が新年の願いを書き、「ウィッシュガーデン」にかけることができる。

そして夜になると、新春限定の特別ナイトショー「新春祝祭:おかえり」は家族団らんをテーマに、楽しい一日に素晴らしい終止符を打つ。1月21日から2月5日まで、漢字の「兎」が夜空に花火の形で輝き、フェスティバル限定の要素をナイトショーに取り入れる。

また、多くの伝統的な春節体験も期間限定で再開する。「祥獅賀新春」獅子舞公演は、一家団らんの時にさらなる喜びを添える。1月23日から2月5日まで、このにぎやかな伝統的な公演は、奇想花園(Gardens of Imagination)とディズニー・タウンで行われ、来園者に幸運を届けていく。

ディズニーランドの外にも新年ムードになった。ディズニータウンでは、ミッキーの形をしたランタンが掲げられ、ショーウィンドウにウサギなどが隠れており、通りを新しく装い、濃い新年の雰囲気を作る。イベント期間中、毎周金、土、日曜日及び祝日に、来園者がディズニータウンで新春のテーマの手芸品作りを体験したり、おいしい食べ物を食べたりすることができる。同時に、伝統的なエンターテインメント公演も行われ、ディズニーダンサーたちはディズニータウン新春特別ダンスを披露し、奇妙歓唱団も楽しい歌を歌い、すばらしい新年の祝福を来園者に届けていく。


0