浦東へようこそ

浦東新区は上海市の黄浦江の東岸に立地し、面積1210 平方キロメートル、常住人口547 万人、両方とも上海市の約1/5 を占める。この美しい形をしている中国東部海岸線を強い弓に例えるのならば、中華民族の母なる川「長江」は正にこの弓にかけた鋭い矢であり、浦東はちょうどこの矢の先端に位置し太平洋に立ち向かう矢の根と例えていいのではないか。云わば「最前線にいる兵士の中で最前列にいる兵士、先駆者の中の先駆者」である。

もっと見る +
  • 浦东发布 标题.jpg

    習近平国家主席、2022年の新年の挨拶を発表

    2022-01-04

    新年を前に、習近平国家主席は中央広播電視総台とインターネットを通じ、2022年の新年の挨拶を発表した。

  • RECP 标题图.jpg

    「経済パスポート」の発給を円滑に、RCEPの発効を迎え=上海税関

    2021-12-22

    RCEP原産地規則の実施に向け、浦東税関は海関(税関)総署の配置により、H2018-RCEP原産地管理情報化応用システムVer.3.0を全面的にバージョンアップし、原産地についての機能を完備させ、企業に「経済パスポート」を発給するサービスを全力で提供する。

  •  
  • 2021年のテスラ上海工場引き渡しが48万台に 世界の半分を占める

    2022-01-13

    全国乗用車市場情報連合会が11日に発表した最新の中国自動車販売量データによると、電気自動車(EV)メーカー米テスラの上海工場「ギガファクトリー」は2021年12月にバッテリー電気自動車(BEV)7万847台を引き渡し、月次販売台数が7万台のレベルに達した。

  • RCEP協定が正式に発効 第一枚原産地証明書が「誕生」!=上海税関

    2022-01-07

    地域的な包括的経済連携(RCEP)協定が正式に発効した1月1日の早朝、上海振華重工(集団)股份公司(以下は「振華重工」)はこれから東南アジア諸国連合(アセアン)に輸出する商品のために企業側で上海税関管轄区内の初となるRCEPにおける原産地声明を自主的に作成・発行し、RCEP協定が発効した後の上海での「第一枚」を作り出した。

  •